保育士さんへ「こんなとき」のコツ

保護者対応の失敗はなぜ起こる? シチュエーション別対処法

保護者対応の失敗はなぜ起こる? シチュエーション別対処法

「保護者対応が苦手」「クレームの対処方法が分からない」……
保護者対応って難しいですよね。苦手な保育士も少なくありません。
そこで今回は、保育士の保護者対応のリアルな失敗談からトラブルの原因、シチュエーション別の対処方法を解説します。保育士が保護者対応で心がけるべきポイントをまとめて紹介するので、今後の保護者対応の際の参考として、ぜひチェックしてください。

保護者対応 こんな失敗談

「保護者対応が怖い!」「苦手!」
保育士がそう感じてしまうのは、数々の「失敗した体験」を耳にするからだと思います。
人の振り見て我が振り直せ、なんて言いますけれども、実際に現場で働く保育士による保護者対応の失敗例を5つ紹介しますので、参考にしてくださいね。

<保護者対応の失敗例①>
遅刻を注意したらクレームの電話が!

クラスのSちゃんの登園時間がいつも遅かったので、Sちゃんのお母さんに「もう少し早く登園できませんか?」とたずねたところ、翌日、私宛にクレームの電話がありました。
私は業務中だったので、主任の保育士が対応してくれたのですが、
「こちらは生まれたばかりの下の子の面倒を見ながら、家事に用事に忙しい! もう少しこちらの気持ちを考えてほしい!」
と言っていたそうです。

保育士Aさん(保育士2年目/3歳児クラス担当)

Sちゃんが遅刻しがちだったのは、お母さんが下のお子さんのお世話や家事で余裕がなかったからだったようですね。その背景を知らず、保育士側が一方的に要望を伝えてしまったのが、今回のクレームの原因でしょう。

<保護者対応の失敗例➁>
言葉の選び方を間違えて反感を買った!

「うちの子、発達が遅れているんでしょうか?」
担当クラスのTちゃんのお母さんから相談を受けました。
Tちゃんは周りの子どもと比較して、成長が緩やかだったので、
「○○ちゃんはほかの子よりも○○が苦手で…」
「早く■■くんみたいに~できるといいですね」
と言葉がけをしたのですが、あとで「あの言葉は不適切だと思います」と書かれた手紙が。深く反省しました……。

保育士Bさん(保育士1年目/0・1歳児クラス担当)

同じクラスの子どもよりも成長スピードが緩やかだったとしても、ほかの子どもと比較するような発言はNGです。成長スピードには個人差があって当たり前。
今回の場合は「発達が遅れている」という事実よりも、Tちゃんが成長したところを伝えてTちゃんのお母さんを安心させる言葉がけができればよかったですね。
こちらの記事も参考に!
↓ ↓ ↓

使える例文つき!「伝わりやすい」連絡帳の書き方のコツ

<保護者対応の失敗例③>
子ども同士のケンカに片方の味方をして

担当するクラスの子どもであるKちゃんがPちゃんにかみついてしまい、双方の保護者に事情を話すことになりました。
私はKちゃんに問題があると思い込んで話してしまったのですが、あとになって、Kちゃんの行動には、Pちゃんにおもちゃを取られたからという理由があることがわかって……
後日、真相を知ったKちゃんのお母さんから、
「先におもちゃを取って意地悪をしたのは相手の子どもの方ですよね!」
とお怒りの電話をいただいてしまいました。

保育士Cさん(保育士1年目/2歳児担当)

子ども同士のケンカの際、時間の都合で子どもの話をじっくり聞けずに、トラブルの真相をつかみきれないこともあるでしょう。
しかし、保育士は常に中立の立場で状況を把握・分析しなければなりません。
子どもの話を傾聴するとともに、トラブルの根本的な原因や事実をしっかりと保護者に伝えることが大切です。

こちらの記事も参考に!
↓ ↓ ↓

子どもがけんかを始めたらどうすればいい?