マネージャーさんへカリスマインタビュー

子どもたちの笑顔を増やして、主体性を育みたい ~ 元気キッズ/株式会社SHUHARI 代表 中村敏也氏インタビュー

元気キッズ/株式会社SHUHARI 代表 中村敏也氏インタビュー

保育士不足と言われる中、新卒保育士の離職率が8年間ゼロという保育所があります。埼玉県内3市(志木市・新座市・朝霞市)で、認可保育所・小規模保育から児童発達支援まで13施設を展開する「元気キッズ」の運営者、中村敏也氏(株式会社SHUHARI 代表取締役)に、発達に凹凸のある子どもの支援、子どもたちの笑顔を増やすための保育のあり方などについて伺いました。

保育の世界に飛び込み、児童発達支援にたどりつくまで

保育ネクスト
中村さんはもともと保育の世界にいた人ではないのですね。

もともとはベルーナという通信販売会社の海外事業部でワインの輸入業務に携わっていました。大学時代から起業したいと考えていましたが、社会人2年目の頃、待機児童がたくさんいることを知り、自分にも何かができそうだと思って経験もないままに始めました。
志木市の待機児童対策として認可外保育所から始めて、当初はビジネス寄りの考え方でしたが、「やりたいことは子どもたちの笑顔」ということは変わっていません。続けるうちにどんどん課題が見えてきて、それを解決しつづけて今の形になりました。
僕らが一貫して言っているのは、子どもたちが笑顔になることをやっていくということです。そのためには保育だけではなく、児童発達支援もやるし、保育所等訪問支援もやります。

保育ネクスト
まず保育園の事業所を増やしていかれたのですね。

子どもたちに出会う数が増えていくと、保育の質というものが事業所ごとにばらつきがあることに気づきました。子どもたちが最高の笑顔になる場所にしなくてはいけないと思い、待機児童対策から小規模保育に方向転換しました。保護者支援も大切ですが、大人のための待機児童対策ではなく、子どもを主体に考えることによって自治体からも応援いただけて自然と数が増えていきました。

保育ネクスト
そして児童発達支援事業所を立ち上げられた。

保育士さんは、発達障害などの子が来ると、どうすればいいか分からないんです。不安のままで支援しても、子どもたちの笑顔にはつながりません。ノウハウも知識もないし、人も足りない。そこで、発達障害やグレー、療育が必要な子どもたちのための児童発達支援事業所を新たに立ち上げ、そこで保育型の療育支援を行うことにしました。
児童発達支援事業所は、県や政令指定都市の自治体が認可するものです。許認可制ですから、施設面積や、児童発達支援管理責任者がいることとか、人数などの要件を満たしていれば届を出せば開けます。中でも児童発達支援管理責任者はマストで、あとは人数によって加算する単価が変わってきます。保育士さんがいればその分の加算がとれるので事業としては成り立つわけです。

保育ネクスト
普通の保育園とどこが違うのでしょう。

子どもの最善の利益の保障にもとづく子どものケアから児童福祉法があり、そこに保育が含まれ、さらに児童発達がその上にある感じです。
療育と保育は考え方がまったく異なっており、保育はその子がこうなってほしいという未来を見すえた支援ですが、療育というのは、その子が苦手なこと、好きなこと、家族関係、社会とのつながり、どんな習い事をしているかという凹凸を調べた上で、今必要なことは何かという個別支援計画を作ります。どうやってそれを達成するかという観点から、社会に適応するための生活訓練をしていきます。つまり真逆なんですよ。

保育ネクスト
方向が違うんですね。

普通の子は体験や愛情を注いでいけば普通に育っていきます。これに対して発達に凹凸のある子どもは、同じ量の愛情や経験値、言葉がけ、教育を注いでも、いわば穴の空いたバケツのように流れていってしまうのですね。その穴を埋めるのが療育で、水を漏れにくくして発達を整えるという考え方です。これを理解できないと、保育も療育の違いはわからないと思います。

保育ネクスト
職員が保育と療育を行き来することもありますか?

保育園属性と児童発達支援属性はやはり違いますので、行き来は難しいですね。基本的には保育園要員と児童発達要員は別々に雇用していますが、児童発達支援で応募してきた人を保育に誘うことはあります。逆に保育で採用した人を児童発達支援に行ってもらうことはあまりないですね。やりたいことが違うわけです。児童発達支援の人はロジカルで、愛情や優しさも豊かな人が多いイメージがあります。

「笑顔が笑顔を生む循環」のために

株式会社SHUHARI 代表 中村敏也氏インタビュー

保育ネクスト
そういった支援が必要なお子さんがいるわけですね。

発達支援にはいろいろな形がありますが、僕らはお預かりして、給食を食べて、普通に保育園のような形でやっています。これまで、そういう場所は少なかったんですね。児童発達支援事業所を始めたのは12月だったのですが、お母さんたちにチラシを配ったら、「クリスマスプレゼントかと思った」と号泣したお母さんがいました。分かってくれる人がいなかったそうです。こういう施設はなかなかありません。社会的支援がない中で、僕らは保育園出身だし、やっちゃおうという感じで始めました。

保育ネクスト
保護者は皆さん不安を抱えている。

そういった子どものお母さんは、まず、目が合わないとか、あまり活発ではないとか、ちょっとした違和感を感じます。健診で相談しても「様子を見ましょう」としか言ってもらえず、不安のまま我慢すると、3歳児検診で初めて「言葉が出ていないからちょっと幼稚園は無理ですね。療育施設に行ってください」と言われるんです。いきなり崖から突き落とされたような、出口のない真っ暗なトンネルに取り残されたような不安に陥るのも当然ですよね。
どうしていいか分からず、24時間ずっとそのことばかり考え続けて子どもにつきっきりのお母さんたちに、僕らの場所なら預けられることを知ってもらいたいんです。
保育園は、仕事をしていたり要介護の人がいるといった要件がなければ子どもを預けることができませんが、児童発達支援施設は、療育が必要な子どもなら預けることができる施設です。預けることで自分の時間ができると、お母さんたちはちょっとだけほっとできて、生きる活力が生まれて笑顔も増え、子どもたちも自然に笑顔になるという循環が生まれるんです。

保育ネクスト
児童発達支援に新たに取り組む中ではどんなハードルがありましたか。

当初は保育士ばかりでしたから、療育はまだ弱かったんです。セラピストや作業療法士、言語聴覚士を集めてどんどんレベルを上げ、療育の質も上がりました。保育も療育もできる場として向上し、子どもたちもいろんなことができるようになっていきました。

保育ネクスト
新たな課題も見えてきましたか。

支援をしていくうちに、僕らにもだんだん欲が出てきました。幼稚園に行ってもらいたい、保育園に入ってもらいたい、小学校でも支援学校ではなく支援級に行ってもらいたい、支援級ではなく普通級に行ってもらいたい、そう思って背中を押します。でも実際には、元気キッズでは座って作業したり、集中したり、ごはんを自分で食べたり、お片付けしたり、先生の話を聞いたりできる子たちが、実際の現場に行くと、走り回っちゃったり、席につけなかったり、ご飯を食べれなかったり、ケンカしたりということが起きます。それは当たり前なんですよね。構造化というのですが、療育施設では子どもたちが生活しやすいように設計されており、分かりやすい支援の言葉がけ、先を見すえた支援ができています。自分はこれやればいいんだ、次はこれやろうと子どもを後押しする環境です。でも、実際の現場は子どもたちの人数も多いし、先生の数は少ないし、一人ひとりにできることは限られている。そこまで浸透していないし知識も足りていないわけです。

保育ネクスト
そこで訪問支援を始めたわけですね。

元気キッズの中だけで幸せになってもダメだということがわかりました。先に行った場所でも子どもたちが笑顔になれるようにということで始めたのが、保育所等訪問支援事業「元気キッズPSC朝霞教室」です。あわせて教室型の児童発達支援事業所も立ち上げ、所属している子が通う幼稚園や保育園に、言語聴覚士、臨床心理士、作業療法士、療育経験5年以上の保育士が訪問し、その子の直接支援と学級運営などの間接支援をしています。開所して3ヶ月で満所になってしまい、待っている子たちがいるほどで、まだ社会的支援としては足りてないなと感じています。

子どもたちの笑顔を増やして、主体性を育みたい ~ 元気キッズ/株式会社SHUHARI 代表 中村敏也氏インタビュー” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。