NEWSマネージャーさんへ現役保育士が教える!

子どもの「学び」とは? 保育園と幼稚園のキニナル教育格差

子どもの「学び」とは? 保育園と幼稚園のキニナル教育格差

保育園と幼稚園、目的や働くメリット・デメリットはどう違うか」という記事でも詳しく書きましたが、保育園と幼稚園は管轄や保育時間も異なり、活動内容も異なります。
保護者としては、「保育園と幼稚園には教育格差があるのでは?」と気になるところですね。
そこで今回は、保育園と幼稚園の教育格差、子どもにとっての「学び」とはどういうものかということについて解説します。
保育園と幼稚園の違いを詳しく知りたい方や、「どちらの施設に子どもを入園させたらいいのか」と迷っている方は、ぜひチェックしてみてください。

保育園と幼稚園の3つの違い

保育園と幼稚園にはさまざまな違いがあります。

  • 管轄
  • 保育時間
  • 預かる子どもの年齢

以下、順番に説明していきますね。

保育園と幼稚園の違い① 管轄

保育園(正式名称は保育所)は、厚生労働省が管轄している児童福祉施設です。
保育園では「児童福祉法」にもとづく国家資格「保育士資格」を持った「保育士」が常勤しています。
主な役割は「保護者が就労や病気によって子どもを十分に養育できない場合、保護者に代わって子どもを預かること」です。

一方、幼稚園は文部科学省が管轄している教育施設です。
学校教育法に基づく国家資格「幼稚園教諭一種免許状」を持った「幼稚園教諭」が働いています。
小学校や中学校も管轄する文部科学省に理されている施設なので、教育的な側面が多く、主に「就学前教育」を実践する場所として利用されています。

保育園と幼稚園の違い② 保育時間

保育園の保育時間は、基本的に8:00~16:30の8時間程度です。
ただ、朝7:15あたりに早朝保育、夕方16:30以降に延長保育を実施する保育園もあるので、1日の保育時間が合計11時間を超えるケースも。

一方、幼稚園の保育時間は4時間程度です。
基本的に9:00~14:00の間に子どもを預かることが多いです。
ただ、保育園の延長保育のような「預かり保育」を実施している園もあります。

保育園と幼稚園の違い③ 預かる子どもの年齢

保育園で預かる子どもの年齢は0~5歳です。
生後2カ月の0歳児を預かっている施設もありますが、首がすわった生後4カ月以降の0歳児から受け入れるケースがほとんどです。

一方、幼稚園で預かる子どもの年齢は3~5歳です。
中には「2年保育(4歳から入園)」や、「プレ保育(2歳対象)」を実施している施設もあります。

保育園と幼稚園で「教育格差」はあるのか

保育園と幼稚園とでは、教育格差はあるのでしょうか?
ここでは、保育園出身の子どもと幼稚園出身の子どもの学力レベルの違いや、学力格差の原因について解説します。

大きな教育格差はない

保育園と幼稚園に、大きな教育格差はありません。
もちろん、保育園と幼稚園とで活動内容は異なります。
保育園は主に「生活の場」なので、基本的な生活習慣や「遊び」がメインです。
これに対して、幼稚園は「就学前教育」を目的としている施設が多いので、教育的な内容も活動に盛り込まれています。
とはいえ、近年は「幼保一元化(幼稚園と保育園の一元化を目指す政策)」に伴い、保育園と幼稚園の両方の側面を持った施設「認定こども園」や、幼稚園のようなカリキュラムを取り入れている保育園も増えてきました。
つまり、保育園と幼稚園の境目はなくなってきているというのが現状です。
そのため、かつてのような「保育園は伸び伸びと遊ぶところ」、「幼稚園は勉強するところ」といったイメージは、今では過去のものになりつつあります。