海外インターン留学で実践力・指導力のある保育士を育成~Y&K Narita International school 代表 伊藤健太氏インタビュー

海外インターン留学で実践力・指導力のある保育士を育成~Y&K Narita International school 代表 伊藤健太氏インタビュー

メインの第一言語は英語ですが、中国語やフランス語を話す子どもも多いので、学校によっては第二言語としてフランス語や中国語、日本語など、英語以外の言語を学ぶ機会があります。

保育ネクスト
先生たちも各国語を話せるのですね。日本とはかなり違いますね。

そうなんです。日本でそういうグローバルな環境を作っても、対応できる教育者がいません。そういう教師の育成を早急に国がやってくれればいいのですが。

留学で世界観を広げ、本当にしたいことを見つける

Y&K Narita International school 代表 伊藤健太氏

保育ネクスト
留学希望者はどこで募集しているのですか。

転職を考えていたり就職で悩んでいたりする教育者が、僕が発信しているSNSに興味を持ってくださり、連絡をいただくことが多いのですね。

保育ネクスト
どういう考えをもっている人たちですか。

日本の教育に疑問を抱いている方が多いですね。現場に立って子どもたちを指導していく中で、日本の教育方針のままでいいのかと疑問を抱いている方が多いです。半数は留学経験があり、もう一度海外で自分の思っている教育を子どもたちにやってみたいという気持ちをもっている方です。留学経験がない方でも、教師になる前に悩んでいる方や、教師になる前に多様な価値観や知識を身につけたいという方が多いですね。

保育ネクスト
かなり意識が高い人たちということですね。

途中であきらめて帰ってしまうような人はいません。日本語指導インターンではあまりお金を稼げないので、お金よりも自分の思いや使命感を重視する人を採用しています。日本語指導インターンや保育士のコースは子どもと関わっていく仕事ですから、保護者や学校関係者などが後ろにいるので、軽い気持ちで行って「辞めます」となると、いろいろな人に迷惑がかかってしまいますから、「とりあえず海外に出てみたい」という軽い気持ちだと難しいでしょうね。面接ではそういうことをしっかりお話ししています。
全体に意識が高い人が多いですね。中には、高校卒業してすぐ世界の教育を見たいという方もいました。この方はインターンとして10カ月ほど留学しながら働き、帰国後はまた1年ほどデンマークの教育を見に行く予定だそうです。

保育ネクスト
留学サポートはどのようなステップで行うのですか。

英語+実習インターン+スキルアップという3つのステップで、半年~1年で教師としてのスキルを高めてもらいます。
まず3~6ヶ月かけて、最低限の英語を学んでもらいます。その後、日本語指導のインターンとして現地の子どもたちに触れあってもらいます。現地の子どもたちは学び方や指導方法も一人ひとり異なりますから、教育の多様化を肌で感じてもらえます。さらにスキルアップしたければ英語の資格を取ったり、日本語教師の資格を取ったりするサポートも行います。
保育者専門の海外研修も行っています。午前中は英語を学んでもらい、午後は保育園で研修をしていただく形のプログラムです。

保育ネクスト
留学をされた方の事例をご紹介ください。

もともと保育園勤務経験もある方で、3カ月ほどアメリカに保育研修に行ったこともある方がいます。アメリカと日本の違いにカルチャーショックを受けたり、自分の意見を持つことの大切さを学んだそうです。
帰国してからも保育士として働いていたそうですが、もっと海外で教育を学びたい、英語も教えられるようになりたいという希望がありました。そこで思いきって保育士を辞め、今はオーストラリアに2年ほどいらっしゃいます。4月から学生ビザに切り替えて、英語指導者資格を取った後に、オーストラリアで保育士資格を取る予定です。自分がやってきたことを、これから保育士になる人たちに伝えていくそうです。

Y&K Narita International school
オーストラリアの保育光景
保育ネクスト
留学経験によって、どんなことが得られているでしょう。

この方は、向こうでの生活で世界観が広がり、自分のことにフォーカスできる時間もあったので、新しい自分や本当にしたいことを見つけられたようです。皆さん、新たな目標や夢を見つける方が多いですね。

保育ネクスト
帰ったら寝るだけではなく、ワーク・ライフバランスが大事にできる?

国柄としてオーストラリアには残業が一切ありません。学校も3時15分には完全に閉まってしまうので、それに合わせて保護者がお迎えに来ます。保護者の職場も日本より理解があります。

保育ネクスト
生活で戸惑うことはありますか。

英語でぶつかるのが一番多いですが、銀行口座の開設や携帯電話の契約、税金番号や年金番号の取得という手続きも壁になります。僕も最初は苦労しました。人に聞いても英語で説明されるので全然分からないし、日本人に聞いてもよく分かっていなかったりして、1カ月、2カ月は手探りでした。当社でもそのへんはサポートしており、飛行機のチケットとパスポートだけ取得してもらい、入国後1週間までは生活に必要なものを準備しています。