マネージャーさんへ次世代の保育の窓から

小学校の英語必修化!保育園の英語教育のねらいやメリット

小学校の英語必修化!保育園の英語教育のねらいやメリット

2020年から、小学校3年生からの英語が必須科目になりました。
これにより保育園での英語教育が重要視されるようになり、近年、保育で英語を取り入れる保育園が増えてきました。
今回は、保育園の英語教育のねらいやメリット・デメリット、学習内容と効果的な学習方法について解説します。

小学校英語導入と保育園の英語教育のねらい

2020年からは小学校での英語の授業が義務化されています。
これに伴って英語教育を実践する保育園が増加しています。
まず、小学校英語導入の概要や、保育園の英語教育のねらいをチェックしていきましょう。

小学校3年生から英語が導入される

文部科学省が改定下初等教育・中等教育の基準「学習指導要領」で、2020年から、小学3・4年生のカリキュラムで「外国語活動(外国語)」、小学校5・6年生の教科として「外国語」が取り入れられています。
小学校では、「高校卒業までに英語をマスターすること」を目的に、各学年に合った英語学習が実施されています。

この背景には、近年日本における「グローバル化」や、英語によるコミュニケーション育成の改善などがあります。
小学生のうちに英語を学ぶことで、英語の基礎を身に付きけ、中学校に進学したときにもスムーズに英語が学ぶことが求められます。今後も小学校英語は重視されるでしょう。

保育園の英語教育のねらい

小学校英語導入にあわせて、保育園の英語教育にも注目が集まっています。
成長が著しい保育園の子どもたちの保育に英語を取り入れるねらいとは何でしょうか?
例えば岡山の吉備国際大学では、「楽しく自然に英語に親しむこと」をねらいにしています。
知能が発達途中である幼児に、「読み書き」を含めた学習をさせることは適切ではありません。
反復や練習などによって子どもが「英語嫌い」になってしまうことがあるからです。
そこで、保育園では、とにかく子どもが楽しみながら英語を習得できるように、歌やダンス、イラストなどを使って、感覚的な学びを実践しています。

保育園で英語教育を取り入れるメリット

保育園で英語教育を取り入れるメリットは大きく分けて3つあります。

早期英語教育のメリット

  • 「耳の黄金期」だから英語を覚えやすい
  • 英語への抵抗感がない
  • 英語を学習する時間が長くなる

「早期英語教育」にどんな効果があるか、これらのメリットから説明します。

早期英語教育のメリット①
「耳の黄金期」だから英語を覚えやすい

0~3歳は、耳からたくさんの情報を吸収する「耳の黄金期」と呼ばれる時期です。
この時期に英語に触れることで、英語を聞き取る能力が備わります。

言語はそれぞれ周波数が異なると言われています。
子どもは耳の黄金期を過ごすことで、「自分に必要な音・周波数」の範囲を選択しています。
このため、早期に英語と親しむことで、英語のアクセントや抑揚、周波数の高さなどを脳が学習し、英語の聞き取りや発音が得意になっていきます。
ネイティブのような英語を目指すなら、この時期を逃すべきではありません。

早期英語教育のメリット②
英語への抵抗感がない

小学生・中学生になると、「勉強」に苦手意識を持つ子どもが増えてきます。
「勉強しなければならない」義務感を感じたり、テストで優劣がついてしまうということがその原因です。

保育園は、基本的に「勉強」ではなく「あそび」が中心で、テストもありません。
遊びながら楽しく英語が学べるため、子どもが英語に抵抗感を抱きにくいと言えます。
特に幼児期は新しいことをどんどん吸収するので、「もっと知りたい!」と意欲的に学んでくれるはずです。

早期英語教育のメリット③
英語を学習する時間が長くなる

保育園から英語に触れておけば、小学校に入ってから初めて英語を学習した子どもよりも、自然と英語を学習する時間が長くなることになります。
英語の挨拶や簡単なフレーズのほか、発音や英語のリズムなど、いわゆる「土台」の部分がきちんと構築されているので、小学校にあがった際に「英語の授業が分からない」と悩むこともありません。
英語に触れる時間が長くなれば、それだけ単語やフレーズなどのボキャブラリーも増え、周りの子どもより習得スピードが速くなります。
「英語が得意」と感じることで、英語学習へのモチベーションもアップするでしょう。

保育園で英語教育を取り入れるデメリット

保育園の英語教育には、上記のように、子どもの英語スキルの向上やモチベーションアップなどのメリットがありますが、その一方で、次のようなデメリットがあることも指摘されています。

早期英語教育のデメリット

  • 母国語の習得が遅れる可能性もある
  • 英語がきらいになってしまう
  • せっかく覚えても忘れてしまうことも

保育園の英語教育における注意点や配慮すべきポイントを、これらデメリットの面からチェックしていきましょう。

早期英語教育のデメリット①
母国語の習得が遅れる可能性もある

乳児~幼児期は、母国語の「日本語」もまた習得すべきであるという事実は、忘れるべきではありません。
この時期に、保護者や保育士の言葉を聞いたり、実際に言葉でやりとりしたりすることで、子どもは少しずつ日本語を覚えていくのです。
この時期に日本語と英語の両方を学ぶと、教え方によっては母国語の習得が遅れてしまう可能性もあります。
保育で英語を取り入れる場合は、日本語の学習とのバランスを考えましょう。
英語の絵本だけでなく日本語の絵本も読んだり、英語の時間と日本語の時間のメリハリをつけたり、子どもが混乱しないような配慮を心がけましょう。

教え方次第で英語が嫌いになってしまう

いくら乳児~幼児期は言葉の吸収力が高く、英語に抵抗感がないといっても、教え方次第で「英語嫌い」になってしまう可能性があります。
多くの保育園では子どもが楽しみながら英語を学べるような工夫を取り入れていますが、次のような学習方法を行うと、子どもが英語に苦手意識を持ってしまウことがあります。

やってはいけない英語学習法

  • 同じフレーズを過剰に反復させる
  • 英語の読み書きを強要する
  • 「間違えたらダメ」と厳しく指導する
  • 反復や読み書きも、もちろん英語を習得する上で大切なことですが、第一に優先すべきことは、「子どもが楽しむこと」です。歌やダンス、イラストなどを使って、子どもが遊びながら英語と親しめるようなカリキュラムを立てていきましょう。

    早期英語教育のデメリット③
    せっかく覚えても忘れてしまうことも

    早期に英語を学べば英語を聞き分ける力を身に付けることができますが、学習を継続しないと、せっかく身に付いた英語を忘れてしまうこともあります。
    英語がカリキュラムに取り入れられるのは小学3年生からですから、保育園を卒園した後には2年以上の空白の時間があります。
    英語を習得するためには、その間も子どもが学習を継続していくことが大切です。

    保育園の英語の学習内容と学習のポイント

    保育園で実践されている英語教育の具体的な学習内容と、学習のポイントを解説します。

    保育園の英語学習の内容

    保育園の英語学習は、子どもの年齢によって内容が異なります。

    保育園での英語学習内容

  • 0~1歳…英語の歌や手遊び
  • 2~3歳…英語の歌やダンス
  • 4~5歳…英語講師とのコミュニケーションやアルファベットの読み書き
  • 基本的には、歌・ダンス・コミュニケーション、読み書きを通じて英語を学ぶことがほとんどです。
    英語の音声が入ったDVDを鑑賞したり、アルファベットが書かれたマグネットやパズルを使ったりする保育園もあります。
    そのほか、英語を取り入れた室内ゲームも大変人気です。

    英語を取り入れた室内ゲームの例

  • I Spy…もの当てゲーム:出題者のヒントをもとに、室内にあるものを探す
  • ロンドン橋落ちた…2人の子どもが手をつないで、その下をほかの子どもがくぐる
  • 英語版じゃんけん列車…英語でじゃんけんをして、負けた人は勝った人の後ろにまわって列を作る
  • ゲーム内では英語で会話するルールによって、子どもがゲームを楽しみながら英語を習得できるような工夫をしています。
    オリジナルのルールを作ると、さらに盛り上がるでしょう。

    保育園の英語学習のポイント

    保育園で英語教育を実践する際には、次の3つのポイントを心がけましょう。

    保育園の英語学習のポイント

  • 無理強いはしない
  • ゲームがマンネリ化しないように気を付ける
  • 講師を招いてコミュニケーション能力を引き出す
  • 子どもに英語を無理強いすることはNGです。
    子どもの気分にうまく合わせ、英語学習に乗り気になれないときには別の活動に変更したり、子どもが興味を持ちそうな教材を使ってみたりしましょう。
    子どもが新鮮な気持ちで英語を学べるように、いつも同じゲームを取り入れるのではなく、新しいゲームや教材、音楽も積極的に取り入れることが大切です。
    例えば外国人講師やネイティブの講師を招くことも、子どものコミュニケーション能力を引き出すきっかけになります。
    上記3点を踏まえて、子どもが意欲的に学べるような空間を作っていきましょう。

    英語のスキルが生かせる保育園に転職するのもあり

    英語のスキルを持っている人は、学校英語導入に伴い、保育園の英語教育が注目されている今、転職サイトでもさまざまな特徴を持つ保育園の求人を掲載していますので、英語教育を積極的に実践している保育園に転職するのがおすすめです。
    子どもが楽しく英語に親しめるように、歌やダンス、絵本やゲームなどを取り入れていきましょう。
    あなたにぴったりの保育園を見つけてくださいね。

    【参考】文部科学省「今後の英語教育の改善・充実方策について 報告~グローバル化に対応した英語教育改革の五つの提言~」

    こちらの記事もどうぞ